DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
211 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/9956

タイトル: Serum CETP status is independently associated with reduction rates in LDL-C in pitavastatin-treated diabetic patients and possible involvement of LXR in its association
著者: Shimada, Akihiro
Kimura, Hideki
Oida, Koji
Kanehara, Hideo
Bando, Yukihiro
Sakamoto, Shinobu
Wakasugi, Takanobu
Saga, Takashi
Ito, Yasuki
Kamiyama, Kazuko
Mikami, Daisuke
Iwano, Masayuki
Hirano, Tsutomu
Yoshida, Haruyoshi
発行日: 5月-2016
出版者: BioMed Central
掲載誌: Lipids in Health and Disease
巻: 15
資料タイプ: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10098/9956
ISSN: 1476-511x
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2504685.pdf1.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください