DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井医科大学研究雑誌 1巻(2000)-3巻(2002) >
第1巻 第2号(2000) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/978

タイトル: <総説>クリスチャン・ビーク『遺伝学に関連した法の多義性 : 社会不安の緩和のためか,人間の条件を守るためか』
その他のタイトル: <Minireview>Christian BYK : 'The ambiguous intent of genetics law : to ease the social fear or safeguard the human condition?'
著者: 山本, 達
金山, ひとみ
石橋, 義彦
小野, 恵美
児子, 真之
真木, 史子
YAMAMOTO, Tatsu
KANAYAMA, Hitomi
ISHIBASHI, Yoshihiko
ONO, Megumi
NIGO, Masayuki
MAKI, Fumiko
キーワード: regulatory policies to gene technologies / medical uses of gene technologies / biotechnology and environment / protection of the individual
発行日: 30-6月-2000
掲載誌: 福井医科大学研究雑誌
巻: 1
号: 2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井医科大学研究雑誌,1(2),2000,p.367-382
URI: http://hdl.handle.net/10098/978
ISSN: 1345-3890
出現コレクション:第1巻 第2号(2000)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000048718.pdf4.13 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください