DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/9597

タイトル: What sort of medical care is ideal? Differences in thoughts on medical care among residents of urban and rural/remote Japanese communities
その他のタイトル: 日本の住民の考える理想の医療とは? 都心、地方都市、山村・漁村、そして離島に亘って
著者: 井階,友貴
発行日: 25-12月-2015
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:Health and Social Care in the Community. 2015 pp.1–11 2015. John Wiley & Sons 共著者:Tomoki Ikai, Tomio Suzuki, Tamiki Oshima, Hitomi Kanayama, Yukinori Kusaka, Hiroyuki Hayashi, Hidekazu Terasawa
URI: http://hdl.handle.net/10098/9597
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
(論文要旨)医博乙244井階 友貴.pdf208.13 kBAdobe PDF見る/開く
(結果の要旨)医博乙244井階 友貴.pdf196.21 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください