DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井医科大学研究雑誌 1巻(2000)-3巻(2002) >
第1巻 第1号(2000) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/957

タイトル: <原著>青年期・壮年期の一般社会人における装具を用いた擬似体験による高齢者理解の効果
その他のタイトル: <Original>Improved understanding of young and middle-aged adults about the aged people by a simulation program using braces for motion restriction
著者: 高山, 成子
丸橋, 佐和子
宮本, 裕子
森田, 敏子
酒井, 明子
小泉, 素子
高柳, 智子
TAKAYAMA, Shigeko
MARUHASHI, Sawako
MIYAMOTO, Yuko
MORITA, Toshiko
SAKAI, Akiko
KOIZUMI, Motoko
TAKAYANAGI, Tomoko
キーワード: Young and middle-aged adults / Simulation using braces / Understanding of aged people
発行日: 31-3月-2000
掲載誌: 福井医科大学研究雑誌
巻: 1
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井医科大学研究雑誌,1(1),2000,p.87-95
URI: http://hdl.handle.net/10098/957
ISSN: 1345-3890
出現コレクション:第1巻 第1号(2000)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000048690.pdf2.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください