DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/8847

タイトル: Relationships of International Classification of High-Resolution Computed Tomography for Occupational and Environmental Respiratory Diseases to ILO International Classification of Radiographs of Pneumoconioses and to Ventilatory Function Indices for Parenchymal Abnormalities.
その他のタイトル: 職業性ならびに環境起因性呼吸器疾患の為の高分解能コンピューター断層画像の国際分類が肺実質異常につきILO塵肺X線写真国際分類または換気機能指標との間に有する関係性
著者: 田村, 太朗
Tamura, Taro
キーワード: Conventional radiography
Environmental lung disease
High-resolution computed tomography
ILO classification
Occupational lung disease
Pneumoconiosis
Silicosis
発行日: 23-3月-2015
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:Industrial Health 53(3) pp.260-279 2015. National Institute of Occupational Safety and Health 共著者:Taro Tamura, Narufumi Suganuma, Kurt G. Hering, Tapio Vehmas, Harumi Itoh, Masanori Akira, Yoshihiro Takashima, Harukazu Hirano, Yukinori Kusaka
URI: http://hdl.handle.net/10098/8847
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
(要旨)医博甲393田村 太郎.pdf674.35 kBAdobe PDF見る/開く
(論文要旨)医博甲393田村 太朗.pdf238.55 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください