DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/8845

タイトル: DBZ regulates cortical cell positioning and neurite development by sustaining the anterograde transport of Lis1 and DISC1 through control of Ndel1 dual-phosphorylation.
その他のタイトル: DBZはNdel1のリン酸化制御によりLis1やDISC1の神経突起成長方向への輸送を調節し、神経細胞の成長や大脳皮質形成に働く
著者: 岡本, 昌之
Okamoto, Masayuki
キーワード: anterograde transport
cortical development
microtubule
migration
neurite extension
発行日: 23-3月-2015
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:The Journal of Neuroscience 37(7) pp.2942-2958 2015. Society for Neuroscience 共著者:Masayuki Okamoto, Tokuichi Iguchi, Tsuyoshi Hattori, Shinsuke Matsuzaki, Yoshihisa Koyama, Manabu Taniguchi, Munekazu Komada,1,4 Min-Jue Xie, Hideshi Yagi, Shoko Shimizu, Yoshiyuki Konishi, Minoru Omi, Tomohiko Yoshimi, Taro Tachibana, Shigeharu Fujieda, Taiichi Katayama, Akira Ito, Shinji Hirotsune, Masaya Tohyama, Makoto Sato,
URI: http://hdl.handle.net/10098/8845
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
(要旨)医博甲391岡本 昌之.pdf1.16 MBAdobe PDF見る/開く
(論文要旨)医博甲391岡本 昌之.pdf242.64 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください