DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/8830

タイトル: Early transcutaneous electrical nerve stimulation reduces hyperalgesia and decreases activation of spinal glial cells in mice with neuropathic pain
その他のタイトル: 早期からの経皮的末梢神経電気刺激はマウス神経障害性疼痛モデルの痛覚過敏および脊髄グリア細胞の活性を抑制する
著者: 松尾, 英明
Matsuo, Hideaki
キーワード: Transcutaneous electrical nerve stimulation
TENS
Neuropathic pain
Spinal cord
Microglia
P38 MAPK
Opioid receptor
発行日: 26-12月-2014
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:Pain 155 pp.1888.1901 2014. Elsevier. 共著者:Hideaki Matsuo, Kenzo Uchida, Hideaki Nakajima, Alexander Rodriguez Guerrero, Shuji Watanabe, Naoto Takeura, Daisuke Sugita, Seiichiro Shimada, Terumasa Nakatsuka, Hisatoshi Baba
URI: http://hdl.handle.net/10098/8830
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
(要旨)医博甲380松尾 英明.pdf538.4 kBAdobe PDF見る/開く
(論文要旨)医博甲380松尾 英明.pdf216.8 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください