DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
310 大学院工学研究科・工学部 >
315 会議発表 >
01 学会発表 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/8663

タイトル: Deriving Position of Bending Roll by Experiment and Analysis (High Precision Roll Bending of Titanium Alloy Wire for Glasses Frame)
著者: Sasaki, Yoshinori
Otsu, Masaaki
Matsumura, Masami
Tanaka, Taiki
Yagi, Hideki
Sekine, YuichiroYoshinori
Asakawa, Motoo
キーワード: Titanium alloy
Bending
Positioning
Numerical Control
Accuracy
発行日: 10月-2014
出版者: Elsevier
掲載誌: Procedia Engineering
巻: 81
資料タイプ: Conference Paper
記述: 11th International Conference on Technology of Plasticity, ICTP 2014, 19-24 October 2014, Nagoya Congress Center, Nagoya, Japan
URI: http://hdl.handle.net/10098/8663
ISSN: 18777058
出現コレクション:01 学会発表

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1000932625.pdf1.25 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください