DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
214 学位論文 >
01 博士論文(医学)-要旨 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/8441

タイトル: The Prevalence and Phenotype of Activated Microglia/Macrophages within the Spinal Cord of the Hyperostotic Mouse (twy/twy) Changes in Response to Chronic Progressive Spinal Cord Compression: Implications for Human Cervical Compressive Myelopathy
その他のタイトル: 慢性脊髄圧迫モデル (twy/twy mouse)を用いた活性化ミクログリア/マクロファージのフェノタイプおよび動態変化に関する免疫組織化学的研究
著者: 平井,貴之
Hirai, Takayuki
キーワード: Prevalence
Phenotype of Activated Microglia
Macrophages
Hyperostotic Mouse
Spinal
発行日: 27-12月-2013
資料タイプ: Thesis or Dissertation
記述: 以下に掲載:PLoS ONE 8(5) e64528 2013. Public Library of Science. 共著者:Takayuki Hirai, Kenzo Uchida, Hideaki Nakajima, Alexander Rodriguez Guerrero, Naoto Takeura, Shuji Watanabe, Daisuke Sugita, Ai Yoshida, William E. B. Johnson, Hisatoshi Baba
URI: http://hdl.handle.net/10098/8441
出現コレクション:01 博士論文(医学)-要旨

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
(要旨)医博甲367平井貴之.pdf391.89 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください