DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
211 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/7696

タイトル: C型肝炎ウイルスの病原性発現機構
その他のタイトル: Pathogenic Mechanism of Hepatitis C Virus
著者: 定, 清直
Sada, Kiyonao
キーワード: C型肝炎ウイルス
肝細胞
NS5A
Syk
GLUT2
発行日: 4月-2010
出版者: 日本小児感染症学会
掲載誌: 小児感染免疫
巻: 22
号: 1
資料タイプ: Others
URI: http://hdl.handle.net/10098/7696
ISSN: 09174931
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2010小児感染免疫抄録と本文.pdf2 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください