DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井大学医学部研究雑誌 4巻(2003)+ >
第14巻(2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/7353

タイトル: 重症妊娠高血圧腎症における新たな降圧指針作成の可能性 : 胎児臍帯動脈血流速度波形からのアプローチ
その他のタイトル: Fetal Umbilical Artery Doppler Velocimetry as a Possible Index of Antihypertensive Therapy in Severe Preeclampsia
著者: 上林, 大岳
西島, 浩二
打波, 郁子
山本, 真
佐藤, 久美子
高橋, 仁
折坂, 誠
黒川, 哲司
吉田, 好雄
KAMIBAYASHI, Daigaku
NISHIJIMA, Koji
UCHINAMI, Ikuko
YAMAMOTO, Makoto
SATO, Kumiko
TAKAHASHI, Jin
ORISAKA, Makoto
KUROKAWA, Tetsuji
YOSHIDA, Yoshio
キーワード: 重症妊娠高血圧腎症
降圧治療
胎児臍帯動脈血流速度波形
Fetal umbilical artery Doppler velocimetry
Antihypertensive therapy
Severe preeclampsia
発行日: 1月-2014
出版者: 福井大学医学部
掲載誌: 福井大学医学部研究雑誌
巻: 14
号: 1
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/7353
ISSN: 1348-8562
出現コレクション:第14巻(2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1igakubu14-1.pdf3.29 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください