DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
技術部活動報告集 1(1955)+ >
Vol.15(2009年度) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/7268

タイトル: 3次元CADの基本技術の習得
著者: 福田, 萬
山田, 隆昇
脇, 敬一
川崎, 孝俊
安藤, 誠
発行日: 31-3月-2010
出版者: 福井大学工学部技術部技術部活動報告集編集委員会
掲載誌: 技術部活動報告集
巻: 15 (2009年度)
資料タイプ: Research Paper
記述: 近年のものづくりにおいて、コンピュータの性能が向上したこともあって、3次元CADが使わ れるようになっている。また、大学や高専等においても3次元CADの教育が広く行われている。 今回、福井大学工学部技術部で3次元CAD 「SolidWorks」を購入したのを機会に、3次元CAD の基本技術の習得を目的として前記5名が専門研修を行った。 アプリケーションソフトは「SolidWorksEducation Edition 2009ー2010」 を使った。研修者全員 が3次元CADの「SolidWorksJ」は初めてであるため、わかりやすいテキストである「SolidWorks による3次元CAD」を選定し研修を行った。 テキスト内容は1章から8章まであり、1章はSolidWorksでできること。2章はSolidWorks の概要と基本的なコマンドの説明。3章は2次元スケッチの作成。4章は3次元モデルの作成。5 章は「アセンブリ」を使った部品の組立図の作成。6章はサーフェスを使ったモデル作成。7章は 2次元製図と3次元モデルの図面化。8章は「Toolbox」を使ったギアボックスの作成とシミュレー ションとなっている。
URI: http://hdl.handle.net/10098/7268
出現コレクション:Vol.15(2009年度)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gijyutubu-15-3.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください