DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
800 研究推進委員会 >
803 研究成果報告書 >
科学研究費補助金研究成果報告書 平成20年度-平成22年度 >
平成22年度 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/7122

タイトル: 細胞壁構成成分を指標とした細菌・真菌感染症の病態解析と分子イメージングへの展開
その他のタイトル: Pathophysiological analysis of infectious diseases in vivo using [18F]N-acetyl-glucosamine, a newly synthesized radio-compound for positron emission tomography.
著者: 稲井, 邦博
INAI, Kunihiro
発行日: 2011
掲載誌: 科学研究費補助金研究成果報告書
資料タイプ: Research Paper
記述: 研究種目:基盤研究(C) 研究期間:2008~2010 課題番号:20591199
URI: http://hdl.handle.net/10098/7122
出現コレクション:平成22年度

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
20591199seika.pdf367.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください