DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学工学部研究報告 1(1952)-54(2006) >
第43巻(1995) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/3626

タイトル: 水溶液電着法によるCuInSe2薄膜形成における析出膜組成の支配要因
その他のタイトル: Dominating Factors of a Conposition in ElectrodepositedCu-In-Se FiIms for the Preparation of CulnSe2 FiIms
著者: 中村, 重之
菅原, 真一
岳, 継忠
大久保, 貢
橋本, 明弘
山本, 暠勇
NAKAMURA, Sigeyuki
SUGAWARA, Sin-ichi
YUE, Jizhong
OKUBO, Mitugu
HASHIMOTO, Akihiro
YAMAMOTO, Akio
発行日: 9月-1995
掲載誌: 福井大学工学部研究報告
巻: 43
号: 2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/3626
ISSN: 04298373
出現コレクション:第43巻(1995)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00215401-043-02-006.pdf532.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください