DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
215 会議発表 >
01 学会発表 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/2688

タイトル: ヒストンメチル化修飾酵素PR-Set7/Setd8は、PPARγ/RXRα複合体の標的遺伝子でありポジティブフィードバックループ機構で脂肪細胞分化を制御する
著者: 岡村, 将史
若林, 賢一
堤, 修一
西川, 直子
田中, 十志也
榊原, 伊織
北上, 純一
井原, 茂男
橋本, 祐一
浜窪, 隆雄
伊藤, 貞嘉
児玉, 龍彦
油谷, 浩幸
酒井, 寿郎
発行日: 7月-2009
掲載誌: 内分泌代謝学サマーセミナーγ / RXRα複合体の標的遺伝子でありポジティブフィードバックループ機構で死亡細胞分化を制御する
巻: 第27回
資料タイプ: Conference Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/2688
出現コレクション:01 学会発表

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
summer27-25.pdf186.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください