DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
215 会議発表 >
01 学会発表 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/2625

タイトル: アクチン結合性転写活性化因子MKLはラット大脳皮質ニューロンにおいてアクチビンに誘導される樹状突起形態および転写活性の制御に関与する
著者: 石川, 充
西嶋, 直紀
塩田, 惇
阪上, 洋行
土田, 邦博
津田, 正明
田渕, 明子
発行日: 5月-2010
掲載誌: 日本生化学学会北陸支部 要旨集及び総会資料
号: 第28回大会
資料タイプ: Conference Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/2625
出現コレクション:01 学会発表

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
seikagaku28-16.pdf166.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください