DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
310 大学院工学研究科・工学部 >
312 研究紀要(研究報告) >
福井大学大学院工学研究科研究報告 55(2007)+ >
第58巻(2010-03) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/2503

タイトル: ひまし油由来リシノレイン酸を用いた化学修飾による分解・リサイクル可能なポリウレタソの合成
その他のタイトル: Synthesis of Degradable and Recyclable Polyuretbaoes Using Polyols Modified witb Castor Oil-Based Riciooleic Acid
著者: 蓑輪 , 岳郎  
漆崎 , 美智遠  
阪口 , 壽一  
橋本 , 保
MINOWA, Takero
URUSHISAKI, Michio
SAKAGUCHI, Toshikazu
HASHIMOTO, Tamotsu
キーワード: Castor Oil
Ricinoleic Acid
Polyol
Polyurethane
Degradable Polymer
Chemical Recycling
発行日: 3月-2010
掲載誌: 福井大学大学院工学研究科研究報告
巻: 58
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/2503
ISSN: 04298373
出現コレクション:第58巻(2010-03)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
文書名 _工学研究科研究報告vol58-h8.pdf647.61 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください