DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
211 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/2121

タイトル: Reproducibility of semi-quantitative parameters in FDG-PET using two different PET scanners: Influence of attenuation correction method and examination interval
著者: KAMIBAYASHI, Tomohito
TSUCHIDA, Tatsuro
DEMURA, Yoshiki
TSUJIKAWA, Tetsuya
OKAZAWA, Hidehiko
KUDOH, Takashi
KIMURA, Hirohiko
キーワード: PET
PET/CT
reproducibility
standardized uptake value
lung tumor
発行日: 5月-2008
出版者: SPRINGER
掲載誌: MOLECULAR IMAGING AND BIOLOGY
巻: 10
号: 3
資料タイプ: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10098/2121
http://dx.doi.org/10.1007/s11307-008-0132-9
ISSN: 15361632
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
manuscript_revised_repositry.pdf105.24 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください