DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
510 附属教育実践総合センター >
512 研究紀要 >
福井大学教育実践研究 第25号,27号,32号(2007)+ >
第32号(2007) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/1652

タイトル: コミュニケーションによって「伝わる文章」を探る授業の実践 (中学校国語科第1学年「調べたことを正確に伝えよう」) 新聞作成の過程を通して,文章表現を磨き合う
その他のタイトル: Leading Classroom Dialogue About Creating Clear Japanese Writing Improving Students Abilities of Essay Expression Through Producing Newspaper
著者: 髙橋, 和代
TAKAHASHI, Kazuyo
キーワード: 自分の思い
伝わる表現
発想
コミュニケーション
emotion
clear phrases and sentences
communication of ideas and opinions
発行日: 31-1月-2008
出版者: 福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター
掲載誌: 福井大学教育実践研究
巻: 32
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井大学教育実践研究 第32号, 2007, p.105-112
URI: http://hdl.handle.net/10098/1652
ISSN: 13427261
出現コレクション:第32号(2007)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
105-112.pdf5.22 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください