DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
211 学術雑誌論文 >
01 雑誌等掲載論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/1197

タイトル: Can the detection of misery perfusion in chronic cerebrovascular disease be based on reductions in baseline CBF and vasoreactivity?
著者: Okazawa, Hidehiko
Tsuchida, Tatsuro
Kobayashi, Masato
Arai, Yoshikazu
Pagani, Marco
Yonekura, Yoshiharu
キーワード: Misery perfusion
Cerebral vasoreactivity
Acetazolamide
Cerebral blood flow
Chronic cerebrovascular disease
発行日: 1月-2007
出版者: Springer Berlin / Heidelberg
掲載誌: European journal of nuclear medicine and molecular imaging
巻: 34
号: 1
資料タイプ: Journal Article
引用: European journal of nuclear medicine and molecular imaging, 34(1), 2007, p.121-129
URI: http://hdl.handle.net/10098/1197
http://dx.doi.org/10.1007/s00259-006-0192-5
ISSN: 16197070
出現コレクション:01 雑誌等掲載論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Okazawa_Can.pdf747.73 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください