DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
210 医学部 >
212 研究紀要(研究雑誌) >
福井大学医学部研究雑誌 4巻(2003)+ >
第07巻(2006) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/1023

タイトル: 更年期女性における乳がん・子宮がん検診受診行動の影響要因と受診率向上をめざした健康教育プログラムの効果に関する研究
その他のタイトル: A Study of Influencing Factors on Breast and Cervical Cancer Screening Behavior, and Effect of a Health Educational Program on Menopausal Women
著者: 佐々木, 綾子
波崎, 由美子
山田, 須美恵
田邊, 美智子
SASAKI, Ayako
NAMIZAKI, Yumiko
YAMADA, Sumie
TANABE, Michiko
キーワード: menopausal women / breast and cervical cancer screening behavior / health educational program
発行日: 17-1月-2007
出版者: 福井大学医学部
掲載誌: 福井大学医学部研究雑誌
巻: 7
号: 1/2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
引用: 福井大学医学部研究雑誌,7(1/2),2006,p.15-28
URI: http://hdl.handle.net/10098/1023
ISSN: 13488562
出現コレクション:第07巻(2006)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
IV7-P15-28.pdf1.5 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください