DSpace
 

University of Fukui Repository (UFR) >
760 国際センター >
762 研究紀要 >
02 福井大学国際交流センター紀要 第01号(2014)+ >
第02号(2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10098/10169

タイトル: A Sense of Inclusiveness Through Japanese Dialect : Preliminary Results of a Pilot Study on Non-Native Japanese Language Speakers' Attitudes Towards Learning the Local Dialect in Fukui City
著者: Hennessy, Christopher
Kuwabara, Yoko
キーワード: regional Japanese language education
perceptual dialectology
dialect consciousness
community development
Fukui dialect
地域日本語教育
方言意識
まちづくり
福井方言
発行日: 1-3月-2016
出版者: 福井大学国際交流センター
掲載誌: 福井大学国際交流センター紀要
巻: 2
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10098/10169
ISSN: 1880-5876
出現コレクション:第02号(2015)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2015hennessy-1.pdf629.27 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください